趣味雑記

趣味に関して書いていきます。Twitter @Perfacthbk2017

モンスターハンターフロンティアの思い出 その36 ポカラドン

 


f:id:samoakun:20190220233456j:image

 

メゼポルタの技術革新によって到達したフィールド、通称「極海」にて新たに生息を確認された大型モンスター。
極寒の海に群れを作って生息する事から「凍海獣」とも呼ばれる海竜種、ポカラの雄個体。
雌や幼体とは比べ物にならないほど大きな体格と、鋭く発達した牙や顔全体を覆うように生え揃った体毛が特徴。

 

ロアルドロスのモーションを流用したモンスター

即死プレスを使ってくるなどの違いはありますが、大体の動きはロアルドロスと一緒です

防具は笛吹き名人と回避性能+1と気絶半減の複合スキル、鼓舞が発動。

基本的にGから追加されたモンスターはそのモンスターを現したような新スキルが追加されます。

 

こいつの一番の特徴はG級初期に平均狩猟数が100頭越えてたこと。

理由は前回も触れましたが取得ポイントの多さ。

100頭どころか200頭狩っているのが当たり前みたいな感じでした。

この当たり前というが別にプレイヤーが強要している暗黙のルールでもなんでもなく、そもそもポカラドンをそれくらい狩らないとポイント取得が厳しすぎてランクが上がらないといったものでした……