趣味雑記

趣味に関して書いていきます。Twitter @Perfacthbk2017

モンスターハンターフロンティアの思い出 その26 クアルセプス

26 クアルセプス

 


f:id:samoakun:20190207221924j:image

 

メゼポルタ地方にて新たにその存在を確認された海竜種の大型モンスター。
腹部を除く全身を鉱物質の黒い鱗に覆われ、さらに身体の至る部分から水晶のような物質が生えている。
その鱗や水晶体が光を反射し、全身がいっそ芸術的なまでに煌めいて見えるのが特徴。
その外見からハンターズギルドでは「晶竜」とも呼ぶ。
大型種が多いことで知られる海竜種の中でも一際長大な体躯を持ち、
一部の特例的な海竜種を除けば最大級の巨体を誇る。
なお、メゼポルタ地方では初めて確認された海竜種のモンスターである。

剛種の異名は<<剛閃>>

 

晴れたらソーラービームを放ち、雨が振るとかみなりを放つ。ポケモンかよ

ちなみに雨が振ると怒ります。

あと銀冠でアグナコトルの金冠よりでかいです。

 

剛種は過去最大どころか今でも攻撃力が高いモンスターで、さらに雨天時は常に怒り状態と言う特性を生かし(?)常に雨が降っている樹海頂部で猛威を降ります。

 

晴れたら弱いかというとそうでもなく、常時晴れな砂漠では、アビオルグのように二体クエストとして現れるのですが、二体クエスト専用のモーションがあり、お互い光をチャージし、背中の水晶が真っ赤になるほどチャージした後、2頭同時に熱エネルギーと光を開放するという技を持ちます。

クアルセプス周辺にいると即死です。

しかも常時晴れで怒らないのに数値は怒り状態と一緒という鬼畜仕様。まあ後に弱体化します。

しかしながらアビオルグと同様で二頭クエストの専用報酬があるので狩らなければいけない上にこの頃は剛種がランダムだったので(本家の高難度狩猟クエストみたいなもん)クエスト自体が出ないという行く前から難易度が高い状況でした

 

ちなみにP2ndからのモンハンをかなりやり込んでいる友人がいて、正直私なんかより、かなり上手い部類でした。

そんな彼がフロンティアに興味を持ち、G4からPS3版を始め、ハードコア辺りまで進めてくれたのですが、このクアルセプス二頭とアビオルグ二頭、あと実装されたガルバダオラに負け続けて精神が壊れて

「こんなクソゲー勧めやがって!!」

と私にキレてきました。しかしながらお客様。このゲームがクソゲーなのは仕様ですと思いながらも励ましていました(実際自分より立ち回り上手いので絶対狩れるはずなんですけど)

だけれど、後に引退。しかも本家モンハン自体もやらなくなったそうです。

私がモンハンワールドを購入した際にLINEでワールドやらない?って送ったら既読スルーで今でも返事がないです。